まぐろ好きな外国人の接待には、本マグロを取り扱う寿司屋がオススメです!

9)images (7)

東京には数多くの寿司屋があります。

そしておよそ全ての寿司屋でまぐろを取り扱っているといえます。

定番ネタのまぐろですが、ひとくちにまぐろといってもお店によって取り扱いは様々です。

まぐろの種類を解説!

まぐろといってもまず魚の種類の時点から様々な種類のものがあります。

クロマグロは一番有名なマグロの種類でしょう。大間のクロマグロなどブランド品も存在するほどです。

味わいも最も高く評価されており、肉質は深い味わいがあり、大トロ中トロをはじめとする脂のノリが良いことでも知られています。

インドマグロ(ミナミマグロ)は、クロマグロに次ぐ人気のマグロです。肉は鉄分が豊富なため発色の鮮やかな赤で、トロは甘味があることから寿司ネタとしても大変人気です。

メバチマグロは関東でよく食べられるマグロの種類です。スーパーや回転寿司で見られる普通のマグロはこのメバチマグロといっていいでしょう。味としては脂のノリがクロマグロやキハダマグロほどはなく、大衆魚としてのマグロとなっています。

キハダマグロは、関西で好んで食べられるマグロです。肉質はあっさりとしており、トロはとれませんが身がしまっておりうまみがあります。ハワイなど世界中で漁獲されており、ツナの原料としても人気です。

備長まぐろは、ツナの原料として主に使われる大衆魚です。淡泊な味わいは本マグロとは違ったものとして寿司ネタでも人気があります。

カジキマグロは正式にはマカジキやメカジキと呼ばれ、マグロとは別の種類の魚類です。しかしその味わいは、マグロのように脂のノリがよく肉のうまみが豊富なため、寿司ネタやステーキとして人気で、マグロの一種と扱われることもあります。

どのマグロがおいしいの?

やっぱりマグロの王様は「本まぐろ」と呼ばれるクロマグロです。

本マグロにしかない脂身は高級な味わいとして接待の料理にも人気です。

お寿司が好きな外国人の方の接待を考えていましたら、ぜひ本マグロを出すお店に連れていってあげてください。

板前寿司は本マグロのみを使用しており、なおかつ豊洲市場の伝説的なマグロ仲買であるやま幸から最高品質のマグロを仕入れています。

やま幸の魚を見る目はマグロのカリスマとして多くの名店から信頼を得ており、ミシュランの寿司屋がこぞってやま幸から仕入れているほどです。

や ま 幸 代 表 山 口 氏 ( 左 リ と 板 前 寿 司 ジ ャ パ ン 代 表 中 ォ 薇 碆 )

さらに声を大にして言いたいことは、

その最高品質の本マグロがこの値段で食べれるのは板前寿司以外にはないということです。

本マグロ 大トロ 398円

本マグロ中とろ298円

 

板前寿司のマグロはもちろん冷凍ではなく生のマグロです。

とろける脂みもさることながら、鮮度の高さが売りです。

 

そんな板前寿司はお寿司が好きな外国人の方の接待にはベストチョイスです。

接待でお店に来られて、その後プライベートで再訪される外国人の方もよくお見かけします。

 

板前寿司は本マグロに絶対の自信を持っています。

外国人のお客様を接待するお店を探している方はぜひ板前寿司をご利用ください。

 

赤坂にある 板前寿司 離れは全室個室です。

https://itamae.co.jp/shop/akasaka_hanare.html

板前寿司江戸では着物を着ながら食事ができる(貸し出し無料)ので、

観光目的の外国人の方にオススメです。

https://itamae.co.jp/shop/edo.html

おすすめ