夏が旬!アワビやカンパチなど8月~9月が旬のネタのご紹介です。

 

DSC00184

こんにちは。

港区の赤坂見附にある寿司屋、板前寿司 江戸です。

暑い夏が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

こんな暑さだからこそ寿司はいかがでしょう?

夏が旬の魚というとあまり馴染みがないかもしれませんが、8月9月に旬を迎えるネタを当店は多く取り揃えております。

 

まず、8月といえば本マグロの季節です。

漁業組合のマグロ漁解禁は例年8月で、大間産の最高級本マグロが市場に出回るようになります。

当店でも、そんな本マグロの味わいを堪能できる握りをご用意しております。

 

本日は、そんな夏が旬のネタをご紹介いたします。

 

夏場に美味しいネタは?

さて、夏におすすめのネタですが、実を申し上げると、今年は台風が多かったり、水温が高かったりしたため、いい魚が市場に入っていないというのが実情です。

 

秋刀魚などは上物ですと一匹700円ほどする事態です。

 

そんな中でも、当店は鮮度の高い魚を多く取り揃えております。

カンパチ

DSC00192

この時期のカンパチは旬を迎え、最高の甘味と脂をもちます。

夏場は水温が高いため脂身のある魚が少ない中で、カンパチは脂身が程よくあって、歯ごたえも最高です。

DSC00227

また、知る人ぞ知るレシピですが、カンパチの皮に醤油とみりんをつけて炙ると最高の酒のつまみになります。

黒アワビ

DSC00196

この時期の黒あわびは最高の味わいです。

生で食べても、煮ても美味しい。

また煮ることによって、最高峰のあわびとされる真高あわびに味が近くなります。

DSC00226

こちらは黒あわびの貝柱と肝の軍艦です。

歯ごたえのある貝柱と肝のとろみ、そこにさらっと薫るすだちの酸味がたまりません。

 

沼島産天然アジ

DSC00200

兵庫県の沼島産の天然アジです。アジは夏に旬を迎えますが、沼島のアジは特にその味わいで名高いです。

当店が仕入れている沼島アジは、1本釣りで釣られたアジで、人が手で触っていません。(網で獲ると人が触ることになる。)

ですから見た目も綺麗ですし、なにより鮮度が高く美味しいです。

あじのお寿司

このように、握りで、生姜、ネギをのせて食べると、さっぱりとして夏場にぴったりの味わいです。

新子

 DSC00232

新子とは、江戸前寿司の代表であるコハダの幼魚です。(九州などでは食べない)

小さな新子の仕込みは難しく寿司職人の腕が問われます。

新イカ

DSC00212

夏の寿司ネタの象徴でもあるイカです。

新子に並ぶ夏の風物詩と言われます。

その人気から、老舗の寿司屋が競争して取り合うほどです。

新イカは10月ごろには大きくなってしまって、新イカの特徴的な味わいを失ってしまいます。

 

なお正式名は甲いかといい、甘みが強く、食感もしっかりしているのが特徴です。

また舌触りがとても滑らかで、思わず日本酒が飲みたくなってしまいます。

 

 

他には、ほっき貝、とり貝なども旬です。

ほっき貝は6月に産卵を終え、その後餌を食べふっくらしてきます。

ですので夏場から秋にかけて身が肉厚で美味しくなるのです。

 

とり貝は産卵が春と秋の二回あります。

産卵し終わると、とり貝は身が縮んでしまうので、産卵前の8月がおいしいです。

 

いかがでしたか?暑い中でも旬のネタを味わえることは嬉しいことです。

ぜひ、板前寿司 江戸で新鮮なお寿司をお楽しみください。