東京一周サイクリング!〜渋谷、赤坂、お台場を巡る旅〜

 

こんにちは。赤坂見附のお寿司屋、板前寿司江戸です。冬も終わりが見えてきて、もうすぐ春になるこの季節。寒くて外に出られなかった日々も終わり、そろそろ久しぶりに体を動かしたくなってきた方も多いかと思われます。

そこで今回、寿司を握るだけでなくサイクリングも大好きな私が東京を自転車で回る旅をご紹介いたします。

image1

最近よく都心でサイクリングをしている方をよく見かけますよね。サイクリングはいろいろなスポーツと比べ、とても簡単に始めることができます。気持ちいい風を感じられる自転車に乗ると、痩せるだけでなく頭もリフレッシュされるので一石二鳥です。また普段車や電車で回る東京よりもひと味違ったものを見ることができますよ。でもちゃんとした自転車を持っていないからそのために高いものを買うのはちょっと…と思われる方、大丈夫です。今はレンタルサイクルというものがあります!

 

特に私がオススメしたいのはドコモと千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、渋谷区の7つの区が運営しているコミュニティサイクルというサービスです。この7区の中ではどこでも貸し借り自由で、1日何回でも1500円で乗り降りができるという素晴らしいサービスです。例えば、新宿付近で借りた自転車を上野付近のポートで返すことができます。

 

サイクリングコース前半戦〜渋谷から赤坂〜

 image2

では、私がオススメするサイクリングコースを紹介したいと思います。このコースは、渋谷から出発し、永田町付近を通ってお台場に向かう東京の有名な場所を回れるコースになっています!

 

朝は渋谷付近でスタートしてみましょう。東京で最も栄えている町の一つ、渋谷は朝が一番空いていて、自転車を安全に運転できます。普段歩いて回る街を自転車で回るとまた違うように見えてきます。そのまま原宿方面に向かいましょう。

 

原宿を通り抜けたら次は明治神宮外苑に向かいます。特に日曜、祝日は外苑周辺がサイクリングコースとして解放されるのでそこでも思う存分走りましょう。現在建設中の新国立競技場も近くで見ることができます。この次は政治の中心、永田町に向かいましょう!

 

赤坂でちょっぴり休憩

と、その前にちょうどお腹が空いてくる時間になりましたよね?永田町に行く前に通り道の赤坂でランチを食べましょう!運動中のランチには私たち板前寿司江戸をご利用ください。赤坂の大通りから裏に抜けるとすぐにある板前寿司ならコースから大きく外れることもありません。店内に入ると全く違う世界に迷い込んだよう。江戸の世界観を表現したこのお店はサイクリング中の一休みにぴったりです。自分が疲れていたことも忘れこのお店の内装に見入ってしまいます。またヘルシーなお寿司は口当たりもさっぱりしていて重くなく、運動の間に食べるのは最適です。オススメの料理は甘エビ&白身魚漬け丼。リーズナブルな上にさっぱりとしたネタと新鮮な卵がちょうどいいバランスで混ざり合って食べた後もスッキリとしています。また、食べ応えがしっかりとあるものを食べたいという方には板前炙り握りセットがオススメです。美味しいお寿司で体力を回復して午後のサイクリングでいいスタートを切りましょう!

image3

▲甘エビ&白身魚漬け丼(税込980円)

image4

▲板前炙り握りセット(税込1580円)

サイクリング後半戦〜赤坂からお台場〜

午後は赤坂から大手町などを通り、お台場方面に向かいます。赤坂からすぐの永田町にまず寄ってみましょう。普段訪れることのない国会議事堂や省庁付近は道も広く、自転車で走りやすい道です。東京タワーを右手に見ながら日比谷公園に向うと、有楽町、大手町などの高層ビル群を見渡すことができます。

そのまま晴海通りを進んでいき、歌舞伎座、築地市場などを通過して勝鬨橋を渡ります。もうその頃には日が沈み始めて綺麗な夕焼けを見ながら湾岸部を走ることができると思います。

image5

晴海を通り、そのまま豊洲市場に向かいます。まだ工事中の豊洲市場付近は整備されているものの、完成はまだのために人が全くいません。そこから見えるレインボーブリッジと東京湾は絶景です。夕焼けが反射して輝いている東京湾を是非見に行ってみてください。そして今回の旅のゴールである台場まで行きましょう。今度は先ほど通った東京のビル群が海を挟んだ向こう側に見えます。お台場海浜公園からは東京タワー、東京スカイツリー、レインボーブリッジを一望できる夜景を見ることができます。以上で旅は終了です。

 

いかがでしたか。このコースを回れば普段住んでいる東京をまた違った目で見ることができるのではないでしょうか。東京を1日で見ることができるこのコースで運動不足解消と観光を一気にしちゃいましょう!